★やる気と行動の関係

学生時代もそうであったし、経営者となった今でもやる気が出ないときが多々ある。
勉強も仕事もガンガンやっているときや忙しい時はやる気に満ち溢れている。
逆に、長い休暇があったり、数日風邪で休んだりすると、やる気がなくなる。

私だけではなく、多くの当該読者がそうではなかろうか。
「最近モチベーション低い」「やる気も元気も失せた」「やばい!不安なのに動けない」etc…
独立して本当に頻繁に起きた現象だ。スタートして1年未満の会社にし ては業況は悪くないにもかかわらずだ。
確かに雇われていた時もこの現象はたまにあった。しかし、独立してからは頻繁に起きた。
真剣にこの現象を見つめなおしてみた。そうすると思いもよらぬ原因がわかってきた。

「難しいからやろうとしないのではない。やろうとしないから、難しくなる」

どうやら、2000年も前の哲学者が考えたフレーズにこのことの真髄が隠されているようだ。
脳科学的にも根拠はあるようだ。
脳には「側坐核」という機能があり、そこを刺激されることでいわゆるドーパミンが出るらしい。
ドーパミンはやる気の源のようなものと捉えて欲しい。
それでは、側坐核が刺激されるためにはどうすればいいのだろうか。高 額な薬?、脳外科手術? そうではない。
ほんの僅かな行動をとることで側坐核からドーパミンがでるようだ。

息詰まったら行動すること。これに尽きる。そうすればパフォーマンスももっと上がるかもしれない。

 

HRコンサルティング
http://hrc-satou.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA