★組織活性化についての私見

活性化された企業の組織とはどんな状態か。元気よく挨拶が飛び交う組織か。それとも微に入り細を穿つ如くの報連相がおこなわれていることか。

いやいや、そういうことではない。

企業組織は仲良しチームではない。ビジョンを実現するために部下と目的を共有化し、業績や生産性を維持しなければならない。

仕事が楽しいだの楽しくないだの、職場の人間関係が面倒だの、給料が 安いだのボーナスが減っただの、福利厚生が薄いだの、退職金が自己責任だの…

こういう様々な思いをもった部下を上手く活用して、しかも同じ方向を向かせなければ組織が活性化しているとはいえない。
一つの思いを共有するということこそが組織で最も重要な要素であり、業績向上や生産性の向上は意外にもその次だったりする。

言うは易し。このことに気づいていながら目先の利益に突っ走ってしまう。

これからの企業内研修の視点にもこの考えを意識していきたい。その上で組織の業績向上や生産性を考えていきたい

 

HRコンサルティング
http://hrc-satou.com/